腰痛を自力で改善する九元レイキ

自力で腰痛改善!九元レイキ勉強会

腰痛症状は自分で改善、治せます

 腰痛は、日本人の自覚症状で1位と2位を争う国民病です。
あなたも、こういった腰痛で悩んだことがあるのではないでしょうか?

 

腰が重い、時々痛みがある
重いものを持ったりした後、腰が痛くなる
長時間座っていると、腰が痛くなる
腰が痛くて、背筋を伸ばすといった反り返りができない
朝起きたときに腰が痛い
仕事などで疲労が溜まると腰が痛くなる
腰からふくらはぎの部分が痛かったり、しびれたりする
寝転んでじっとしていると腰痛がやわらぐ
寝転んでじっとすると腰が痛くなる
いつも腰に違和感があり、ちょっとした負荷がかかるとすごく痛くなる
感覚的に負荷がかかると腰痛になるんじゃないかという不安感が常にある

 

では、腰痛の原因が何かご存知でしょうか?

 

実は、腰痛の85%は原因が不明といわれています。

 

レントゲンやMRIなどで診断をしても、見た目でわからないことがほとんどです。
逆に15%は、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、臓器などの病気といった原因が特定できるものです。

 

私もこの話を知った時はびっくりしましたし、ぎっくり腰のように激しい痛みが出ていても画像診断では異常を確認できないようです。

 

15%は手術など具体的に原因を改善する手段がありますが、それ以外の腰痛は自然治癒頼みです。
コルセットを巻いたり、痛み止めの薬やブロック注射を行って、腰痛が自然治癒するまで待つことになります。
ただし、痛みを抑えるのはつらさを軽減しているだけで、痛みをごまかして嵐が過ぎるのを待っているだけの対処療法です。

 

腰痛になりやすい方は、体質そのものが改善するわけではなく、目の前の痛みをやわらげるだけです。
ですから、年齢が高くなるにつれて腰痛になりやすくなったり、痛みが慢性化する可能性が高くなります。

 

ストレッチという方法もありますが、腰痛がある状態でストレッチをするのは順序的に間違っていますので、お勧めしません。
ストレッチは、腰痛予防のために行うなら良いと思います。

 

国民病といえる腰痛なのに、原因もほとんどわからず、自然に治るのを神だのみしている、それが現状です。

 

ただし、あくまでも西洋医学の範囲でいえば、というお話です。

 

東洋医学、特に気功の観点から言えば腰痛の原因はわかっている部分が多いですし、腰痛の治し方があります。
しかも、治療家に治療してもらうのではなく、自分でできる方法があります

 

基本的に道具は必要なし、自分の手を使ってできる方法です。
これなら、家でも職場でも、ちょっとした時間に行うことができます。

 

さらにいえば、電車や飛行機に乗っている時、旅行先でも手軽に行えます。

 

あなたは、そういった方法にご興味ありませんか?

 

もし、ご興味があればこのページを読み進めてください。

 

逆に、自分では何もしたくないから、薬や湿布、誰かに治してほしいという方は、ここでページを閉じてください。
この方法は私が自分で試してみても効果的だと思っていますが、自力で努力されない方には、残念ながら不向きです。

 

やる気が無い方に貴重な方法を教えるほど私は暇ではありませんし、あなたも無駄に時間を使わないほうがお互い幸せです。

 

これからご説明していく内容は、主に原因不明といわれる85%の腰痛の改善や解消に役立つ手法です。
もちろん、残り15%の方が実践しても効果はあると思いますが、きちんと医療機関の指示に従ってくださいね。

腰痛の原因は腰じゃない

 腰痛というと、腰に問題があると考えるのが一般的です。

 

病院にいっても、腰に湿布を張るとか、マッサージを受けるとか、コルセットをまく、そういった治療がほとんどだと思います。

 

でも、それって短絡的すぎると思いませんか?
痛い所が悪いところ、といった安易な考え方だけで腰痛が治るなら、日本に腰痛の人はほとんどいなくなっているはずです。日本人が自覚している症状の1位、2位として腰痛が常に上位にあるのはつじつまがあいません。

 

痛い場所は小学生でもわかります。問題は、何が原因で腰痛になっているかという流れを突き止めて、改善することです。

 

腰が痛くなる原因のほとんどが、腰に問題があるから起こるわけではありません。
腰以外の部分で起こった問題が、腰痛という形で警告をしていることがほとんどです。

 

例えていうと、腰痛は建物にある火災報知器のようなものです。

 

火災が発生すると、火災報知機は警報をならして火事であることを知らせてくれます。
私たちは火事がどこで起こっているかを探して、自分で消火するか、消防に連絡をして対処してもらいます。

 

つまり、腰痛というのは、
「あなたが心や体のどこかに問題があるということを知らせるために、体が痛みという形でだす警告」
です。

 

ところが、病院にいくと腰痛という痛みをなんとかしようとするばかりで、肝心の腰痛の原因にたどり着けないことがほとんどです。
また、原因を見つけて解決する手段をほとんど持っていないため、自然治癒するのを待つ、神頼みになってしまいます。

 

では、手詰まりかというとそうではありません。
視点を変えれば、全く今までとは異なった解決方法があります。

 

私の場合は、東洋医学の観点から腰痛を捉えています。
そうすると、腰痛の多くが背中や下半身が原因でおこることがわかります。

東洋医学からみた腰痛の原因

 東洋医学の考えでは、人間には血管や神経とは全く異なる、全身を流れる生命エネルギーの流れ、気の流れ(経絡)があります。

 

この気の流れ(経絡)の中で、腰痛に大きな影響を与えるのは背中を流れる経絡です。
膀胱系と言われる気の流れです。

 

膀胱系の気の流れが悪くなると、腰痛が出やすくなります。

 

ですから、膀胱系の気の流れを改善してあげれば、腰痛は改善、うまくいけば痛みが無くなります。
また、膀胱系の気の流れをいい状態に保つことができれば、腰痛体質は改善されていきます。

 

つまり、腰痛になりにくい体質に変わることが可能です。

 

問題は、どうやって膀胱系の気の流れを改善するかということです。

 

ここで、東洋医学の治療家の中でも、やり方の違いがでてきます。

 

鍼灸師であれば、鍼やお灸といった手段を使うでしょうし、按摩マッサージ指圧師でしたら、按摩やマッサージ、指圧といった専門分野の方法を使います。
柔道整復師であれば、骨つぎという骨格調整やマッサージを使います。

 

最近は、機械で体に電気を流すという方法もあります。

 

そこで、私はこう思いました。
「わざわざ治療院に行く前に、自宅で腰痛改善できる方法を作ったら、みんな喜んでくれるんじゃないか?」

 

私は鍼灸あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っていますので、それぞれのやり方の利点も知っています。

 

それに加えて、私は気功を中学生の頃から研究し実践しています。

 

これらの手法の良いところをミックスして、手を使うだけでできる腰痛改善法を作りました。

 

そして、自分で新しく作った方法を最初は自分自身に試してみました。いわゆる人体実験です。

ヒマラヤトレッキングでも疲れしらずの腰痛改善法

 私は、6年ほど前から毎年ネパールに行くようになりました。
目的は、ネパールの良い製品を現地で買い付けるためです。

 

その出張中に、息抜きで毎回ヒマラヤ山脈のトレッキングに出かけます。

 

標高8000m級のヒマラヤを見ながら、毎回5日間くらいトレッキングを楽しんでいます。

 

標高3000mから4000mまで行くかいかないかくらいのお手軽なトレッキングです。
とはいえ、荷物は自分で40Lくらいのバックパックを背負って山を登ったり下ったりします。

 

しかも、私は日本でほとんど山歩きしません。週に1回テニススクールで運動するくらい。

 

当然、普通なら足が痛くなったり、腰痛になったりしてもおかしくないですよね?

 

ところが、筋肉痛にもほとんどなりませんし、トレッキングの日程が進むほど山歩きになれてきて、どんどんと歩くペースがあがります。

 

毎年私のガイドをしてくれるネパール人も
「木村さんは、トレッキングしても全然疲れないの?年々歩くペースが早くなってるね。」
と不思議そうな顔をしています。

 

2年前には
「このルートは木村さんにとっては簡単みたいだから、今度はもっと違うルートに挑戦しましょう。」
といわれ、去年からは険しいルートに挑戦しました。

 

日程も仕事の都合で1日短縮して急いで登ったため、以前よりは疲れました。

 

とはいえ、下山してお風呂に入ったら次の日からは元通り。

 

どうして、こんな状態でトレッキングできたかといえば、私自身が自分で作った腰痛改善法をヒマラヤトレッキングの最中も毎日実践しているからです。
つまりその場で溜まった疲労を、小出しで抜いています。
そうすると、疲労が何日も蓄積しないため、腰痛にならないのです。

 

<トレッキングの一日のスケジュール>
7時起床 朝食をとった後に腰痛改善法を15分程度行います。
朝日を見る時は、5時半起床。

 

8時 トレッキング出発

 

12時頃 昼食、再び腰痛改善法を20分程度行います。
場合によっては、15分くらい昼寝。

 

13時頃 トレッキング再開

 

15時から17時 山小屋到着。シャワーを浴びた後、夕食を待つ間に腰痛改善法を行う。

 

山を1日歩くという工程なので、かなり念入りにこの方法を行っていますが、合計で1時間もかかっていません。
この方法は手を使うため食事をしながら行うことはできませんが、人と話したりしながら、テレビを見たりしながらでも行えますので、慣れてきたら習慣になってきます。

 

それくらい、無理のない方法です。

 

もちろん、私のセミナー受講者に試してもらったところ
「腰だけじゃなく、足も軽くなった」
と大変好評です。

 

腰痛改善法の内容に入る前に、まずは足の疲労度チェックをしてみましょう。
私も腰痛改善法を行う前後に、必ずこのチェック法を行います。

 

つまり、
チェック
実践
チェック
という流れで、自分が行った腰痛改善法でどれくらい改善が起こったかを、毎回確認しています。

 

このチェック方法は痛みという形で現状を教えてくれるので、とてもわかりやすいです。

あなたの足の疲労度をチェック

 腰痛になる人のほとんどに共通しているポイントがあります。

 

それは、下半身に疲労が蓄積しているということです。
特に膝や足首が固くなったり冷えている人がほとんどです。

 

その証拠に膝の裏の筋肉と腱が炎症を起こしたようにむくんでいます。
さらに、そのむくんだ部分を押すと、激痛が走ります。

 

セミナー受講者の膝裏をチェックしたところ、95%以上の方が痛みを感じたようです。

 

私がチェックするまでは、そんなに痛みが出るとは思っていなかったようで、

 

「いたたたた!!何で膝の裏がこんなに痛いんですか?ちょっと今まで感じたことがないくらい痛いんですけど。。。」
と、飛び上がるほど痛みを感じる方もたくさんいました。

 

<足の疲労度チェック方法 膝編>
@椅子に座ります。
A膝を90度にした状態で、膝の裏側にある筋肉を指先で左右にぐりぐりと押していきます。
※膝の裏には、縦に3本の筋肉がありますので、それぞれを押していきます。
膝の内側と中央、外側と3つあります。
コツは、膝の裏側に入れた指先を斜め上にある膝の皿に向かって押すことです。

 

<確認内容>
痛みのでる筋肉が多いほど、膝の疲労度は高く腰への負担も増えます。
特に膝の内側、中央に痛みが出る人が多くいます。

 

<足の疲労度チェック方法 ふくらはぎ編>
@椅子に座って、右足の足首を左足のふとももの上にのせます。
A両手の親指の先端でで、右足のふくらはぎの中央を足首の位置から膝裏に向かった指圧するように押していきます。
B右足と左足を入れ変えて、@とAを行います。

 

<確認内容>
ふくらはぎの痛みが強く、痛みのでる範囲が広いほど、ふくらはぎの疲労度は高くなります。
冷え性、足の重さ、だるさ、腰への負担の原因となります。

 

<足の疲労度チェック方法 足首編>
@椅子に座って、右足をつま先立ちの状態にします。
Aつま先を軸にして、右足首を時計回り、反時計回りにゆっくり回します。
B左足で@とAを行います。

 

<確認内容>
足首がなめらかに動いていれば、足首の疲労度は低くなります。
足首がロボットのようにかくかく動く場合は、足首に疲労が多くたまっています。

 

足首の動きが悪いと、足首より上にある関節、膝や腰への負担が増え、背骨を伝って首に痛みを引き起こすこともあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
セミナー概要 体験談 コース費用 日程